活力がない 50代 男性

活力がない50代男性が回復するには?

50代

 

活力がないのはホルモンや精神面の影響が関係!?

 

50代は、男性らしさが深まる時ですが同時に更年期障害が起きやすくなる時期でもあります。

 

なんとなく活力がない、性欲が落ちた、やる気が起きない、
脂肪が付きやすくなったという時は男性ホルモンであるテストステロンが減少している可能性があります。

 

テストステロンは精力的に活動する為に必要なホルモンで、20代を過ぎると徐々に減少していき、
何も対処しないで過ごしている場合50代にはさらに少なくなっている可能性があります。

 

活力がないのはホルモンの影響や精神面での影響が関係しているので、まずホルモンを増やすことが必要となります。

 

テストステロンを増やすには、十分な睡眠の確保、筋トレの実施、
ビタミンDや亜鉛といった栄養素の摂取、お酒を控えるといったことが大切です。

 

精神面においては、男性らしく振舞う、チャレンジ精神を持つといったことでも増やすことができます。

 

 

筋トレや睡眠も大切!

 

筋トレにおいては、腹筋や腕立て伏せを思い出すことが多いですが、この2つの運動では十分に増やすことができません。

 

効率よく増やすには、スクワットが良く短時間で行うのがポイントです。
あまりに長く筋トレをすると逆にテストステロンが減少してしまうので注意しましょう。

 

睡眠は1日に6時間以上とることが目安となります。